よくある質問

質問をクリックすると答えが表示されます。

目次
技術関連

EINS/PKI証明書全般について

Load More

Load More

Load More

パブリックWebサーバ証明書

パブリックWebサーバ証明書 全般

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More


EV証明書について

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More


マルチドメイン/ワイルドカードについて

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More


エラーメッセージ/トラブル

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

Load More

申請手続き

EINS/PKI  申請全般について

利用契約書はありません。以下にご同意の上で申込をしていただくことで、契約の成立となります。
・パブリックWebサーバ証明書:CP、証明書加入契約書、CPSおよびEINS/PKIパブリック証明書発行サービス利用規定
・インターネットEDI対応証明書:CP、CPSおよびEINS/PKI for EDI 利用者規約
Category: 申請手続き

Load More

申請代行サービスはありません。弊社営業にご相談いただければ、可能な限りご希望に沿う申請方法をご提案させていただきます。
Category: 申請手続き

Load More

Webからの申請に加えて提出が必要な申請書類がある場合は、当該書類のPDF書類の写しをもって審査を開始します。
追って原本の郵送をお願いします。
なお、必要書類の提出には追跡可能な宅配便や簡易書留などのご利用またはを推奨いたします。
Category: 申請手続き

Load More

証明書の発行日の指定はできません。発行日を遅らせたい場合には、申請手続きを調整してください。
Category: 申請手続き

Load More

各種申請書類は当該書類のPDF書類の写しをもって審査を開始します。
追って原本の郵送をお願いします。
審査部門が申請書類を受領した時点で発行から1ヵ月以内の書類である必要がありますので、期限が近い場合にはご注意ください。
Category: 申請手続き

Load More

whoisサービスはドメイン名やIPアドレスの管理者が確認できる情報検索サービスです。
Category: 申請手続き

Load More


パブリックWebサーバ証明書

申請手続きについて

申請責任者様は申請組織に属している必要があります。
証明書発行の権限を与えられる方として以下の役割を持ちます。
申請責任者様の指定は必須となります。
・見積取得/発注
・Web申請
・申請不備があった場合の修正
・証明書のダウンロード、インストール
・証明書更新メールの受け取り
・最終確認電話での電話対応

Load More

申請責任者様の他に作業されたい方がいる場合、手続き担当者様をご指定ください。
手続き担当者様は申請組織に属している必要は無く、申請責任者の代わりに証明書発行における業務を担うことができます。
手続き担当者様は以下の役割を担うことが可能です。
手続き担当者様の指定は任意となります。
・見積取得/発注
・Web申請
・申請不備があった場合の修正
・証明書のダウンロード、インストール
・証明書更新メールの受け取り

Load More

サーバ証明書の種類で「EINS/PKI パブリックWebサーバ証明書 EV」または「EINS/PKI パブリックWebサーバ証明書 EV MD」をご指定の場合、申請責任者様(必須)、手続き担当者様(任意)に加えて申請責任者権限確認者様をご登録いただきます。
申請責任者権限確認者様は、申請責任者様の直属の上司又は登記事項で確認可能な取締役以上の役職者をご登録ください。
申請責任者権限確認者様は申請責任者様が組織から証明書発行の権限を与えられている事を保証するもので、以下の役割を持ちます。
・最終確認電話での電話対応

Load More

最終確認電話での確認内容は以下の通りです。
 ・申込内容と申し込み意思の確認(申請責任者さま)
 ※再発行申請では省略される場合がございます。

なお、EV証明書をご申請いただいた場合、初回のみ申請法人の人事部門担当者さま、申請責任者権限確認者さまへの電話審査が必要となります。
詳細は審査内容に関するご注意をご参照ください。

Load More

申請責任者、手続き担当者を変更される場合は、変更後の内容をEINS/PKI事務局までご連絡ください。事務局にて変更作業を実施いたします。
なお、各担当者様以外の代理人による申請等は受付できません。
申請責任者権限確認者を変更される場合は、改めてSureServer EV 証明書加入契約書同意書、申請責任者登録書をご提出ください。

Load More

証明書の有効期限は、発行日から1年間です。

Load More

これらの文書は約款および利用規約に相当しますので、証明書の発行前に申請者の同意をいただいております。

Load More

弊社認証局のサービス提供は、法人もしくは組織が対象となります。従って個人運営のWebサイトには証明書の発行ができません。

Load More

Load More

マイページにログイン後、左メニュー「サーバ証明書」から修正したい証明書を選択し、「証明書情報」画面から「修正」もしくは「申請キャンセル」の手続きを行ってください。
「修正」は申請のステータスが発行申請受理のときにのみ可能な操作です。
詳細は「パブリック Webサーバ証明書申請マニュアル」をご覧ください。

Load More

再度Web申請を実施してください。Web申請が正常に実施できない場合は、弊社営業またはEINS/PKI事務局にお問い合わせください。

Load More

はい、たとえ使用するドメインが同じでも、ドメイン承認メールはWebサーバ証明書の申請個別(FQDN毎)に発信されます。
マルチドメインを利用した場合でも同じです。
送付されたドメイン承認メールには全て対応いただけるよう、ドメイン管理者に事前通知をお願いいたします。

Load More

はい。大丈夫です。
ただし、他社のドメインを利用して証明書の申請を行う場合は、申請組織から他社のドメイン所有者に対し、以下の対応・確認を事前に行うことが必要です。
    ・ドメイン使用の承認を得ること
    ・ドメイン承認メールが送付されることを伝えること
    ・メール受信後の承認作業について依頼を行うこと

Load More

Web申請では「所有者(Registrant)」を設定してください。その後、EINS/PKI事務局まで指定のメールアドレスについてご相談ください。
なお、Whoisに登録されていないメールアドレスやその他の指定アドレス以外のメールアドレスにはドメイン承認メールを送信することはできませんのでご注意ください。

Load More

基本的には証明書発行審査が問題なく完了すればレンタルサーバであってもWebサーバ証明書の発行は可能です。
審査の内容は審査内容に関するご注意を参照してください。
またレンタルサーバでの証明書の使用可否等についてはレンタルサーバのベンダーにご確認ください。

Load More

Load More


発行審査について 

Load More

CPS(認証局運用規程)で規程しているとおり、申請者の実在性、申請内容の真正性および申請者との同一性を確認するためです

Load More

申請組織情報が第三者機関のデータベースで確認できない場合などに、以下いずれかの書類が必要な場合があります。
提出が必要な場合は、別途メールでご連絡いたします。
  ・印鑑証明書
  ・定款
  ・意見書
  ・報告書
  ・公共料金請求書のコピー
  ・国家資格者の登録証明書

Load More

Load More

以下宛てにご送付ください。
〒221-8520
神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25 テクノウェイブ100 5F
株式会社インテック EINS/PKI事務局
Mail :einspki_public_support@intec.co.jp

※ 先行してPDFを受領することも可能です。その場合、原紙を証明書発行後、1 ヶ月以内に必ずご送付ください。

Load More

申請責任者さままたは手続き担当者さまにお電話またはメールで不備内容と訂正方法をお伝えします。

Load More

審査に必要な条件が整えば、最短2営業日で発行可能です。
必要な条件には、①申請内容に不備がないこと、②必要な申請書類の受領、③ドメイン管理者のドメイン使用承認、④最終確認電話、⑤ご注文の完了、等があります。

Load More

申請いただいたドメインを管理している方(組織)を指します。
Whoisサービスに登録されている方などが対象となります。
証明書を発行するためには、対象ドメインのドメイン管理者に発行を承諾いただく必要があります。

Load More

証明書の発行審査において、ドメイン管理者にはドメイン承認メールを送信します。ドメイン管理者が同メールの依頼内容の基づき、ドメイン使用について承認いただけた場合、発行審査のうちドメイン審査が完了となります。承認いただけない場合は、証明書の発行申請が不備終了となります。その場合は再度、証明書の発行申請を行わなくてはなりません。

Load More

Whoisサービスでドメイン管理者の連絡先メールアドレスの登録状況が確認できます。
ドメイン名の種別毎の担当者名は以下の通りです。
 「.com」の場合:Registrant 、Admin、Tech
 「co.jp」の場合:登録担当者や技術連絡担当者
 「.jp」の場合:公開連絡窓口

Load More

それぞれの承認範囲については以下をご確認ください。
例:お申込みの FQDN が www.aaa.intec.co.jp の場合

●ベースドメイン名全体の使用権を承認する
 ベースドメイン名(intec.co.jp)の使用を制限なく許諾する場合は、本承認範囲を選択してください。 本承認範囲を選択すると、申請組織に対しベースドメイン名(intec.co.jp)を含むすべての FQDN の証明書発行を承認するものとなります。
●サブドメイン単位での使用権を承認する
 ※お申し込みのコモンネームにより、表示されない場合があります。
 サブドメインを含む範囲(aaa.intec.co.jp)の使用を制限なく許諾する場合は、本承認範囲を選択してください。本承認範囲を選択すると、申請組織に対しサブドメインまでの範囲(aaa.intec.co.jp)を含むすべての FQDN の証明書発行を承認するものとなります。
●FQDN 限定で使用権を承認する
 お申し込みの FQDN(www.aaa.intec.co.jp)のみ限定して使用を許諾する場合は、本承認範囲を選択してください。本承認範囲を選択すると、申請組織に対し FQDN(www.aaa.intec.co.jp)の証明書発行のみ承認するものとなります。

Load More

ご申請の際に、以下の条件がすべて満たされている場合は、ドメイン使用権確認について審査省略とさせていただいております。
一度ドメイン使用権確認をいただいた日から13か月間有効です。

 ・同じ申請法人名
 ・同じベースドメイン名/FQDN

Load More

申請組織に対してドメイン名使用権と証明書の発行承認を行っていただける方であれば、ドメイン名の管理者や担当者など、どなたでも構いません。
Whois情報に登録されている担当者以外の方でも問題ありません。

Load More

第三者機関のデータベースで確認した代表電話番号あてにお電話をいたします。

Load More

Load More


更新について

更新手続きについてのメールを、Webサーバ証明書の有効期限が満了する90日前、60日前、30日前、15日前に更新案内メールを希望する担当者にお送りしております。

Load More

はい。証明書申請者の実在性、同一性を都度確認させていただくために、更新のお客さまも新規と同様の審査をさせていただいております。

Load More

はい、必要となります。
更新の際にもその時点で有効な書類(発効日より1ヵ月以内の印鑑証明書など)をもって審査をさせていただいております。
ただし、更新の際に組織種別が昨年と変わった場合などで提出が不要になる場合もございます。

Load More

各種申請書類の作成日付は、Webから申請を行ったお申込日からさかのぼり1ヵ月以内のものをお受けしています。それ以前の日付の場合は再提出となりますのでご注意ください。
お申込日が2022年5月10日の場合は、作成日が4月11日およびそれ以降の書類が有効です。

Load More

申請いただいた証明書の審査開始から証明書の有効期限内は有効です。
つまり証明書更新の都度、提出していただきます。
なお有効期間以内であれば別の証明書を追加申請する場合に、改めて同じ書類を提出いただく必要はありません。

Load More

特にご指定がなければ、更新元の証明書満了日の1年後を設定します。
その場合、発行予定日(更新元証明書満了日の 30 日前)まで、発行を保留します。
発行予定日以降、再審査の必要がなければそのまま証明書が発行となります。
更新時に有効期限満了日を指定されたい場合は、弊社営業もしくはEINS/PKI事務局までご連絡ください。

Load More


マイページについて

マイページとは、お使いの証明書の管理や各種申請を行っていただくための専用画面です。
初回申請後にログインするためのログインIDをメールで送付します。

マイページでは以下の申請・確認が行えます。
・お申込状況・発行の確認
・新規(追加)申請
・更新 申請
・再発行 申請 (証明書発行後、30 日以内に 1度限りとなます)
・失効 申請
・申請内容変更
・申請キャンセル
・サーバ ー証明書のダウンロード

Load More

ログインIDは、初回申込時に「申請責任者情報の入力」および「手続き担当者情報の入力」画面で指定したメールアドレスあてに送信されます。

Load More

ワンタイムパスワードは、初回申込時に「申請責任者情報の入力」および「手続き担当者情報の入力」画面で指定したメールアドレスあてに送信されます。
送付先アドレスを変更されたい場合はEINS/PKI事務局にお問い合わせください。

Load More

Load More

お問い合わせフォームにて申請法人ID、Webサーバー名(サーバ証明書のCN)をお知らせください。

Load More

Load More


申請手続き その他

パブリックWebサーバ証明書は、サーバ認証や、通信経路でデータの暗号化を行うことに利用することができます。 本目的以外の利用用途で使用された場合、失効させていただく場合もございます。

Load More

お客さま側の事由、本認証局側の事由により行われます。例えば、お客さま側の事由としては、証明書の使用中止・証明書記載内容の変更、秘密鍵の危殆化などが あり、その場合には失効の申請を行っていただきます。
また、本認証局側の事由として、認証局責任者の承認などを得て失効する場合があります。

Load More

以下の点をご確認ください。
・スクリプトで指定したステッカーナンバーが正しく設定されているか。
・スクリプトで指定したCN(CommonName)と、サーバ証明書に記載されたCN(CommonName)は一致しているか。
・スクリプトで指定したステッカーナンバーやCN(CommonName)の前後に空白など不要な文字列が含まれていないか。
・Webステッカーが貼られている Web サイトの FQDN と、サーバー証明書に記載されているCN(CommonName)が一致しているか。
・Webブラウザの JavaScript の設定が OFF になっていないか。
・サーバー証明書が有効期限切れでないか、または失効されていないか。
・Webステッカーの利用開始時間前でないか。

なお以下の場合、Webステッカーは非対応となります。
・マルチドメイン証明書において、追加 FQDN(SANs)へ接続する場合
・ワイルドカード証明書をご利用中の場合

Load More