審査内容に関するご注意

EINS/PKIパブリックWebサーバ証明書の発行審査では、次の確認を行っています。
確認がとれない場合は、証明書の発行ができない場合がありますのでご注意ください。

1.サイト運営者の確認

Webサイトの実在性確認について

  • Webサーバ証明書を導入するWebサイトが実在していることを確認します。
  • 確認のためCSRに設定されたFQDNからWebサイトを閲覧します。
  • ※一般公開されていない、設計中で存在していない、等の理由でWebサイトが閲覧できない場合は、EINS/PKI事務局までご相談ください。

サイト運営者と申請組織の一致確認について

  • Webサイトの運営者が申請組織(CSRの組織名’O’)と一致することを確認します。
  • 例えばWebサイト内の会社概要や利用規約、Copyrightなどに、Webサイトの運営者名として申請組織名が表記されていることを確認します。
  • ※ドメインの所有組織やサーバ管理/メンテナンスをしている組織(ホスティング会社など)からはWebサーバ証明書の申請はできませんのでご注意ください。
  • Webサイトの運営者が申請組織(CSRの組織名'O')と一致することを確認します。
矢印

2.ドメイン所有者の確認

  • FQDNのドメイン審査では弊社審査部門よりドメイン管理者様にドメイン承認メールの送信を行います。
  • ドメイン承認メールの送付先はサーバ証明書のWeb申請を行う際に、お客さま専用画面にて次の2つの中から指定することができます。
    • (1) Whoisに登録されているドメイン管理者アドレスをドメイン承認メールの送付先に指定する方法
    • 申請いただいたドメイン名を弊社審査部門にてWhoisで検索し、取得できるメールアドレスをドメイン承認メールの送付先として指定します。
    • www.einspki.jpの公開メールアドレスをwhoisで確認する
    •  
  • ※Whois登録内容が最新の状態であることを事前にご確認ください。
  • ※あらかじめWhoisに登録されているドメイン管理者様に、パブリックWebサーバ証明書の発行申請についてご一報を実施いただくと、審査がスムーズに実施されます。
  •  
  •  
    • (2) その他のドメイン管理者アドレスから承認作業を実施する方法
    • 以下5つのメールアドレス形式のうち、ひとつをドメイン承認メールの送付先として指定することができます。
    • ドメイン管理者アドレス
      admin@認証ドメイン名
      administrator@認証ドメイン名
      webmaster@認証ドメイン名
      hostmaster@認証ドメイン名
      postmaster@認証ドメイン名
    •  
  • ※こちらを選択される場合は、指定したメールアドレスが存在することを事前にご確認ください。
  • ※あらかじめメールの受信者様に、パブリックWebサーバ証明書の発行申請についてご一報を実施いただくと、審査がスムーズに実施されます。
  •  
  •  
  • 上記方法にてメールをお受け取りいただいた後、ドメイン管理者様にはドメイン承認画面にアクセスしていただき、「承認する」の応答をいただくことでドメイン審査が完了します。
    • ドメイン承認画面にて承認ボタンを押下する
矢印
ここまでの審査で不備があった場合、
Web申請で登録された技術担当者
メールでご連絡します。

3.登録担当者への確認(申請の意思確認 / 在籍確認)

  • 発行審査では、登録担当者に確認の電話を1回差し上げます。
  • セコムトラストシステムズ社より「登録担当者」に電話で連絡致します。
  • 登録担当者の在籍確認のため、申請組織が東京商工リサーチ(TSR)登録企業の場合は、TSRに登録された代表電話番号に連絡し、登録担当者につないでいただきます。
  • なお、代表電話番号から登録担当者にお繋ぎいただけない状況の場合は
    申請組織の登記印の印鑑証明書を別途お送りください。
    こちらをもって、Web申請でいただいた登録担当者の電話番号に
    直接連絡し、申請の意思確認を行います。
矢印

4.審査完了

  • 審査が完了しましたら、各担当者にE-Mailにて「契約申込承諾」の連絡をします。
  • お客さま専用画面にログインし、Webサーバ証明書をダウンロードしてください。

↓