よくある質問

EINS/PKI証明書全般について

EINS/PKIサービスでは、下記の環境をサポートいたします。
※以下、Windows版 Microsoft Internet ExplorerをIE、Microsoft EdgeはEdgeと略します。

EINS/PKIサポートOS、ブラウザ一覧

パブリックWebサーバ証明書 OS/ブラウザ IE11 Edge
Windows 8.1 (32/64bit)
Windows 10 (32/64bit)
EINS/PKI for EDI
OS/ブラウザ IE11 Edge
Windows 8.1 (32/64bit)
Windows 10 (32/64bit)

EINS/PKI for Smart Device
利用可能OS
Android OS 7.0 – 10.0
iOS 11.0 – 14.2
iPadOS 13.1 – 14.0
macOS 10.12 – 10.15
Windows 8.1 (32/64bit)
Windows 10 (32/64bit)
対応ブラウザ
Android Google Chrome
iOS・iPadOS・MacOS Safari
WindowsOS
Internet Explorer 11(推奨)
Microsoft Edge
Google Chrome
※ WindowsOSで証明書を発行する場合、発行方法によって利用可能ブラウザが異なります。

(備考)
・Windows8.1ではDesktopモードのみ対応しており、Modern UIには対応しておりません。
・Windows10で証明書発行する場合には IE11をご利用頂ますようお願いいたします。
・上記以外のOS、ブラウザの対応につきましては個別にご相談ください。
・EINS/PKI for Smart Deviceの動作を保証するWindowsOSはマイクロソフト社の『プロダクト ライフサイクル ガイドライン』に基づきます。
Category: 技術関連

Load More

携帯電話やスマートフォンからのアクセスでもご利用いただけます。対応詳細についてはこちらをご参照ください。
Category: 技術関連

Load More

証明書には一定の有効期間が設定されていますが、不要になった等の理由で期限切れ前の証明書を失効することがあります。
CRLファイルには、このような有効期限前に失効された証明書のリストが記載されており、証明書の検証者はCRLを参照して、検証対象となる 証明書が有効であるかどうかを確認することができます。
Category: 技術関連

Load More

発行から25日以内であればお客さま専用画面から無償で証明書再発行が可能です。
それ以降は発行済みの証明書を失効した後、新しい証明書の再申請をする必要がありますので、EINS/PKI事務局までご連絡ください。
Category: 技術関連

Load More


↓